加齢黄斑変性|さくら市の眼科 小児眼科ならはやさか眼科|コンタクトレンズ 眼科検診

加齢黄斑変性

加齢黄斑変性は、網膜の中心窩にある黄斑部が老化により機能が低下するために起こります。
物がゆがみ、中心部がぼやけてしまい、視界が狭くなります。

両方の目で見ると、あまり気にならないことがあるので、必ず片目ずつで確かめます。
50歳を過ぎた頃から見られ、 高齢になるほど多くなる病気で、女性よりも男性の発症率が多いといわれています。

また、栄養を取り次ぐ膜の破たんにより 新しく異常な血管(脈絡膜新生血管)ができます。
この新しい血管はもろいため、すぐに破れて網膜色素細胞の機能をこわしてしまいます。

この出血を繰り返すことで視力が大幅に下がり、 放置しておくと視力を失うことがあります。
「網膜」から出血が多い場合見えづらくなる範囲が大きくなり、 さらに進行すると視力が低下してきます。

以下の症状が心配される方は、お気軽にご相談ください。

主な症状
  • 視界がゆがんで見える
  • 視力が低下した
  • 部分的に見えにくくなる
  • 周りは正常に見えるが、見ようとするもの(中心部)が見えない
コンタクトレンズ販売 ひかりコンタクト
ページのトップへ